AIMIR(スマートメーターと双方向通信するAMIパッケージソフトウェア)

AIMIR(アイミール)とは、AMIのヘッドエンド機能(メーターとの通信管理)とMDMS(検針データ管理)の機能を併せ持ったシステムパッケージ製品です。ヌリテレコムは、既に電力・水道・ガスなどのMDMSから通信ネットワークまでをトータルに構築し、世界各国のユーティリティ会社へ向けて提供しています。日本市場においては、高圧一括受電事業者向けや電力自由化にかかわる電気事業者様向けのシステムパッケージ製品として、機能をシンプルにした形で製品提供を行っています。

日本市場に置いては、MEMSアグリゲータ数社に採用されており、数千世帯規模の導入が開始し、運用されています。マンションにおいて、無線メッシュネットワークによる双方向通信による自動検針、スマートメーターの制御(開閉器制御など)を実現することが可能です。これにより、月に1回、検針員が現地に赴いての検針作業ではなく、30分毎の検針値を自動検針により取得することが可能です。

AIMIRシステム概要

事業者独自の柔軟な料金プランの提供や、居住者向けの新たなサービスの創造など蓄積されたデータを用いた新たな付加価値を創造することができます。

AIMIRの機能

  • 遠隔自動検針
  • スマートメーター開閉器の遠隔制御
  • 電力使用量しきい値による開閉器制御
  • メーターデータの管理
  • AMIネットワークの管理
  • 欠測、障害通知
  • 電力会社の料金プランに合わせた料金計算
  • 見える化システムへのデータ連携
  • 請求システムへのデータ連携
AIMIR機能一覧
画像のクリックでPDFファイルが表示されます。

使いやすいAIMIRの画面

AIMIRメイン画面
AIMIRメイン画面
AIMIRシステム管理画面
AIMIRシステム管理画面
AIMIRメーター管理画面
AIMIRメーター管理画面

業務システムとのデータ連携

CSV形式ファイルの出力

月額料金確定値出力
毎月1日に実行され、前月の電力使用量、1時間毎の電力使用量、電力料金計算値(料金テーブルが連携されている場合のみ)の出力を行います。
30分使用量出力
30分毎の各電力メーターの使用量を1時間に1回、CSV出力します。MEMSの見える化サービスとの連携が目的のファイルです。見える化サービスは本ファイルを各自のDBに取り込み、需要家向けの見える化サービスの画面を提供します。

データ出力API

電力使用量の取得
特定のメーターを指定し、そのメーターの電力使用量のサマリ(時間別、日別、月別使用量)を出力する機能です。AIMIRのDBに蓄積されているデータを利用して見える化システムを構築する場合に利用します。

制御機能API

開閉器の制御
特定のメーターを指定して、開閉器の制御を行う機能です。MEMSなど外部システムからオペレーションし、開閉制御を行う際に使用します。
開閉器しきい値の制御
特定のメーターを指定して、開閉器のしきい値設定を行う機能です。MEMSなど外部システムからオペレーションし、しきい値設定を行う際に使用します。

CSV形式ファイルのインポート

顧客とメーターID関連の入力
顧客(あるいは物件部屋番号)とメーターIDの関連付けをインポートする機能です。請求、顧客管理システムのデータを取り込む際に使用します。
料金プランの入力
AIMIRの料金計算機能を利用する場合、別システムに定義された料金プランをインポートする機能です。

※ZigBeeは、Koninklijke Philips Electronics N.V.の登録商標です。